伊予市米湊の歯医者さん あたらし歯科医院の診療方針

 治療から予防へ
一度しかない人生健康な人生を送るために、歯科医として何が一番いいかと考えたとき、答えは予防歯科でした。
現在歯科医院を訪れる人は「歯が痛い」「歯肉が腫れた」「穴があいた」「歯がグラグラする」等、症状のある方がほとんどです。
この時点で歯科の二大疾患である虫歯・歯周病であり原因菌に感染している状態です。
その結果、虫歯・歯周病の治療が必要となり、歯を削ったり神経(歯髄)をとったり、歯を抜いたりすることになります。
一度歯科治療した歯は、治療をしていない健康な歯に比べて虫歯になりやすく、しばらくすると再治療が必要となり治療をくり返すことで歯自体の寿命が短くなり、最終的に抜歯することになります。
虫歯・歯周病になっていない健康な歯ほど、何十年もの長い間、口の中で機能し、質の高い人生を送ることができるのです。
ですから虫歯・歯周病にならないようにする予防歯科はとても重要なのです。
すでに虫歯・歯周病になっている人に対しては「MI(ミニマルインターベンション:最小限の侵襲による処置)」という考え方のもとに治療しています。
具体的には「歯の削る量は少なく」「神経(歯髄)をなるべく残す」「歯は抜かずに保存するようにする」「薬剤を用いた内科的治療」等があります。
治療終了後は虫歯・歯周病に再感染しないように予防歯科をオススメしています。

435.JPG